医療脱毛

脱毛サロンと同じく候補に上がってくるのが医療脱毛。
違いは「確実性」と「綺麗になるまでの時間」です。

確実性が高くて、綺麗になるまでの時間が少ないのが「医療脱毛」になります。

差が生まれてくる理由は、単純に医療脱毛が「医療行為」に当たるからです。
医療行為で毛を生やす細胞を破壊しているのに対して、サロンの場合は若干のダメージを与えるくらいしかできません。

とりあえずサロンでもダメージを与えているので効果がないというわけでは無いですが、ダメージ自体が弱いですし、当然ダメージが弱いので何回もしないといけないので通う回数も増えます。医療機関でしたら半年で住むものが、サロンであれば2年かかる場合もあったりなので早く綺麗にしたいのなら医療脱毛をするほうがいいと思います。

しかし、医療脱毛にもデメリットがあります。それは「金額が高い」というところです。
最近では安いところも増えていますが、全身脱毛などをしようとすれば普通に50万円とかかかる場合も。だから医療脱毛、サロンどちらがいいというのは言い切れません。

じゃあどうすればいいのか?となると私が個人的におすすめなのは医療脱毛は安いプランや確実に完了させたい部分をして、それ以外はサロンでするという方法です。また、おすすめのサロンや医療機関のプランの組み合わせを別のページで書こうと思っていますので、気になる方は見てみてください(^^)

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。